毎月5日間カロリー約50%カットの食事法で老化防止、糖尿病、心疾患、骨密度や筋肉量に良い効果!

USDA-Photo-by-Bob-Nichols.WEB_-824x549

南カリフォルニア大学の研究により、【毎月5日間カロリー34~54%カットの食事法】を行うことで、幅広い健康上の利益と、老化防止にもつながることが明らかになりました。

臨床実験の段階では、19人の被験者にひと月に5日間だけ、カロリー摂取量を通常のものから34~54%カットし、タンパク質・炭水化物・脂肪・その他の栄養素により構成される食事を摂ってもらいました。

結果、成長に必要なホルモンのIGF-I値を減少させますが、これが老化防止を助けることとなり、がんになりやすさを決める遺伝子である「発がん感受性」とも結びついているそうです。

そして、同時にIGFBP値を増加させるので、糖尿病や心疾患の危険因子が縮小し、骨密度や筋肉量の低下を防ぐことにもつながるとのこと。

いいことづくめのこの療法、一度試してみようかな。

http://news.usc.edu/82959/diet-that-mimics-fasting-appears-to-slow-aging/

 


【今日の自主トレ】
・体脂肪率 %
・ランニングkm
・ダンベル&ベンチメニュー無し

体脂肪率
過去1ヶ月の記録です。【目標体脂肪率 7%台】