体の一部(指や手)を使って長さを、日常のモノで重さを測ってみた

長女小3、長男小1のチビたちが、日常生活の中や遊ぶ最中に「物の長さや大きさ、重さ」などを聞いてくる。

きちんと、正確に答えたいときはメジャーなどで測りたいが、子供たちが求めているのは「大体の答えをさっと出せ」という事だと思うことが多い。

そこで、日常生活などで即答できるように「大体の長さや重さ」を体の一部や日常ふれあっているもので測ってみたい。

 

 

モノの長さを体や身近なモノを使って測ってみる

まずは、物の長さを測ってみよう。

※身長164㎝の小さいおっちゃんを基準とします。全て「約何センチ」です。

  • 1㎝ = 小指の爪の横幅
  • 2㎝ = 親指の横幅。 1円玉の直径。
  • 5㎝ = 親指から付け根まで
  • 10㎝ = 人差し指から付け根まで
  • 15㎝ = 親指と人差し指を広げると。 千円札の長辺。
  • 20㎝ = 親指と薬指を広げると。 A4の短辺(21㎝)
  • 30㎝ = 手首から肘まで。 A4の長辺。
  • 100㎝ = 手を横に伸ばし、反対の脇まで
  • 164㎝ = 両手を伸ばすと(ほぼ自分の身長と同じになるそうです)

ちなみに、インチ(inch)もわかると便利かな。

10㎝で約4inch(1inch=2.54cm)(画面などを測る場合は対角線を結ぶ)です。

 

 

日常触れているもので重さを覚える

日常、持ったり触ったりしているものであれば、重さの想像が容易ですね。

※これも、「大体これくらいの重さと同じ」と考えてください。

  • 1g = 1円玉1枚
  • 10g = 10円玉2枚。 単4電池(11g)
  • 60g = 卵1個(Mサイズ)
  • 100g = 有線マウス。 袋入りインスタントラーメン
  • 350g = 缶ビール(350ml)が入っている状態で
  • 500g = ペットボトル(500ml)が入っている状態で
  • 1000g(1kg) = パック牛乳(1000ml)が入っている状態で
  • 5000g(5kg) = スイカ(Mサイズ)
  • 50000g(50kg) = 身長164㎝の小さいおっちゃん(51kg前後を行き来してます)

 

これで、子供たちの質問に「さっと答えを出せるカックイイパパ」になれるかな^^;

 


【今日の自主トレ】
・体脂肪率8.2 %
・ランニング5km
・ダンベル&ベンチメニュー無し

体脂肪率
過去1ヶ月の記録です。【目標体脂肪率 7%台】