ガラケーからスマホへ電話帳データの移行・引っ越ししてみる

carrier

au・DoCoMo・Softbankの3キャリア内で「ガラケー」から「スマホ」に切り替える場合は問題ないが、「MVNO」などの「ノンキャリア」へ移行すると同時に、スマホに切り替える場合や、「ガラケーをキャリアで持ったままの、スマホデビューで2台持ちへ」などのパターンだと、電話帳の移行、引っ越し作業を自分で行わないといけない。

その時に困るのが、「電話帳・住所録データ」のデータ形式の変更などです。

たまたま、相談を受けた事例を備忘録として記事にしてみます。

 

ガラケーの電話帳のデータ形式

問題はMicroSDに保存すると大量のvCardファイル(.vcf)ができてしまう点。

Androidスマホを利用する場合、Googleアカウントを取得することが基本になると思います。

その場合、Gmailを利用し電話帳をクラウドとスマホで同期するのが一番便利です。

その際必要なインポート作業をするとき、データが1件1件別々だと、一括でインポートできないため、連絡先の件数回、インポートする羽目になってしまいます。これは避けたい!

そこで、

 

.vcf形式を1つにまとめる

テキストエティタで、下記のように記述します。

copy *.vcf concat.vcf

記述後、一旦テキスト形式で保存し、ファイル名を「concat.bat」に変更する。

複数の「.vcf」が置かれているフォルダの中に「concat.bat」のファイルを貼り付ける。

次に、「concat.bat」ファイルをダブルクリックする。

「concat.vcf」という、すべての連絡先が1つにまとまったデータになる。

そのファイルをGmailでインポートする。

 

スマホと同期設定

Googleのアカウント設定で

「連絡先を同期する」にチェックを入れると、

ガラケーの連絡先がスマホで確認できるはず。