php13 WordPress内でのphpの基本的な記述

phpの基本の記述は以前説明したように、

<?php
hogehoge
?>

となります。

さらに詳しく説明すると、

<?php
命令語や関数(引数)
?>

となります。

 

関数とは

関数とは命令語の中で、あるまとまった処理を行い戻り値を返すものです。

戻り値とは、関数の実行結果です。 値は数値とは限らず文字列やTRUEを返すときもあります。

PHPでは他の言語と比べて様々な関数が用意されています。

ザックリ言うと「~って処理をしてね」という命令文を入れる場所。と考えましょう。

WordPressの中ではこの「関数」の数ある中の「テンプレートタグ」というものを利用することが多くなります。

 

引数とは

関数に渡す値を「引数」といいます。

また、引数はひとつだけとは限らず、複数の値を定義することができます。

WordPressの中では「パラメータ」として、情報の種類などを指定します。

このとき、パラメータの値が「文字列」の場合は、「’hogehoge’」のように「 ’ 」シングルクォートで囲みます。

なお、数値の場合は囲む必要はありません。

また、指定するパラメータがない場合など、パラメータ省略する記述もあります。このときでも()は省略しません。