php08 phpの保存

ただ保存するだけではエラーが起こるかも

phpを保存する際には、数点注意が必要です。

unicodeimage-1

文字コードとは

文字コードとは、コンピュータに文字を認識させるためにルール付けをしたもので、いくつかの種類があり、各用途別に設定して保存することが必要になります。

 

WordPressの文字コード

例えばWordPressでphpなどを扱う場合、文字コードは「UTF-8」を利用します。

さらに、それだけではまだエラーが起こる可能性があります。

 

BOMとは

BOM(Byte Order Mark)の略で、「このファイルはUTF-8ですよ~」と告知するためのデータ部分です。どこでも告知すれば良い。というわけにいかず、利用するものによって「BOM付き」「BOM無し」を選択する必要があります。

例えばWordPressの場合は、「BOM無し」を選択します。

 

改行コードとは

改行コードとは、テキストエディタで編集を行う際、「改行キー」を押すと、次の行に開業されるわけですが、その際の信号を「ここで改行が入ります」と記録を残さなくてはなりません。

その際の信号の種類がOSによっていくつか種類が分かれています。

改行コードはには大体以下の3種類があります。

  • LF(Unix/Linux標準)
  • CR(Macintosh標準)
  • CR+LF(Windows標準)

利用しているOSなどにより、使い分けるわけですが、自分がWindowsを使っているからといって、選択するのではなく、最終的に利用する先のOSに合わせるのが基本です。

例えばWordPressで利用する場合、テキストを編集しているのはWindowsでも、

最終的に保存する先はサーバ側ですので、Unix/Linuxに合わせることになり、選択肢は「LF」となるわけです。

拡張子の変更

編集中はテキストファイルやHTMLファイルなどを編集していると思いますが、保存する際は拡張子の変更も必要です。

基本的には拡張子を「.php」にし、保存するようにしましょう。

 

このいくつかのルールを踏まえたうえで、ファイルを保存していきましょう。

 


【今日の自主トレ】
・体脂肪率 %
・ランニング5km
・ダンベル&ベンチメニュー無し

体脂肪率
過去1ヶ月の記録です。【目標体脂肪率 7%台】