近い未来、googleのAndroidと派生OSが世界を手にする。

95

Windowsが世界を手にした日

今から20年ほど前、1995年にビルゲイツは世界を統一しました。

Windows(95)という名のOSによって。

そして、今現在でも「PCのOSシェア9割以上」と、世界統一の形をとどめています。

当時から「OSとweb」を巧みに利用し、世界のマシンを支配してきました。

ところが、その世界統一も近い未来、違う王国に支配される予感がします。

 

brillo

googleのOSが世界を手にする未来

先月のgoogle基調講演で「AndroidがGoogleの未来」との位置づけを発表しました。

スマホと家電を融合させるIoT向けOS「Brillo ブリージョ(煌きのスペイン語)」の登場です。このOSはAndroidの派生版です。

これで宣戦布告がなされたわけです。

これまで主戦力であった、「PC(パソコン)」は古い兵器となります。

とってかわって、今後の主戦力は「スマホ・タブレット・ウェアラブルデバイス」などの新しい主力兵器と、

家電など兵器でないものを兵器にできる「IoT(モノのインターネット)」を利用し、一気に世界シェアを勝ち取ることになるでしょう。

この作戦によって、google王国がOSの世界を統一することとなるわけです。

 

Windowsの逆襲

googleの作戦をMicrosoftが見過ごすわけはありません。

Windowsにも作戦はあります。

「OSの無償化」です。

今まで、Windowsはアップグレードのたびに有料で対応してきました。

WindowsXPからWindows7などへは、有償でアップグレードするしかありませんでした。

20年以上、そのスタンスを変えませんでしたが、背に腹は代えられない。

今後は、このWindows10を無償でアップグレードしていき、ユーザーを確保したい考えです。

 

iot

それでもクラウドを支配するのはAndroidかもしれない

Microsoftの攻撃も、「IoT化」の流れには太刀打ちできないでしょう。

モノのインターネット(Internet of Things : IoT)とは従来は主にパソコンやサーバー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットにそれ以外の様々な”モノ”を接続する技術です。

テレビやデジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、デジタルオーディオプレーヤー、HDDプレーヤー、DVDプレーヤー等のデジタル情報家電をインターネットに接続する流れは既に始まっています。

電子機器ほぼすべてのモノに、インターネットを繋ぐ未来が来ることが決まっている以上、すでにクラウドを勝ち取っているgoogleに立ち向かうのは困難といえるでしょう。

 


【今日の自主トレ】
・体脂肪率8.0 %
・ランニング5km
・ダンベル&ベンチメニュー
  • プレス50kg「7×5set」
  • バイシクルクランチhead25kg foot20kg「10×3set」
  • ダブルクランチhead25kg foot20kg「10×3set」


体脂肪率
過去1ヶ月の記録です。【目標体脂肪率 7%台】