薬を服用して「科学的にダイエット」できる。運動なしでも安全に痩せることができる「TPH1遮断薬」を開発中

5240453377_7d2a1869b8_z

あと数年で、「健康なダイエットは、運動と食事管理だけだ」と言えなくなりそうです。

「TPH1遮断薬」という、開発中の薬を服用すると、安全にダイエットが可能になるようです。

カナダの研究者が「肥満者の体に多くの末梢セロトニンが存在すること」を突き止めました。

この、「末梢セロトニン」が存在しないマウスに高脂肪のえさを与えても、肥満体にならないことを実験で確認したのです。

つまり、「末梢セロトニン」を抑制することにより、「太りにくくなる」ということです。

末梢セロトニンは「トリプトファン水酸化酵素1(通称:TPH1)」と言われているもので、現在開発中の薬は「TPH1を遮断する薬」というわけです。

専門用語が飛び交って、理解しずらいですが、簡単に言うと、

「脂肪燃焼を遮っている成分を遮断する薬」を開発している。ということです。すなわち、

「この薬を飲めば、勝手にガンガン脂肪燃焼してくれる」ということですね。

現在でも、「特保」のお茶などが発売されていますが、効果はさらに期待できそうです。

開発終了と、日本での早期認可が待ち遠しいですね。

 


【今日の自主トレ】
・体脂肪率9.6 %
・ランニングkm
・ダンベル&ベンチメニュー無し

体脂肪率
過去1ヶ月の記録です。【目標体脂肪率 7%台】